12 2013/02

ワンフェス撮影機材についての考察

カテゴリー: 写真・カメラ | タグ:

ワンフェスでみんなどんな機材で撮影してるの? と思ってググって調べてみた

レンズはAPS-Cだと標準域のズームレンズや60mmのマクロレンズが多いみたい、フルサイズでも標準ズームの24-70mmや35mm換算100mmまでくらいらしい
会場内暗いので、手ぶれ補正は絶対あったほうが良い

CanonフルサイズだとEF24-105mm/F4Lで画角的には同じだけど、最短撮影距離が0.45mなので望遠が足りなく感じたのかな
けど今後買う予定のレンズに、これ以上適したレンズが特に無い…
EF100mm/F2.8Lマクロを買えばそれでいいんだろうけど、値段高いからEF100mm/F2で妥協したい…
EF100mm/F2の画角はめったに使うことないだろうから、マクロ付いてるほうが使用頻度上がって良いんだろうけど価格差がかなりあるので…
とりあえずは今あるレンズで撮れる画角は後回しで、EF70-200mm/F4Lを買うことだけ考えよう…

フードは邪魔になるだけだから外した方が良いらしい、確かにカメラを首に下げて人混みを歩いててレンズの長さが気になった

ストロボはキャノンだと、スピードライト320EXか430EXが良い感じらしい
ディフューザーを使ってバウンスさせると良い感じとのこと
ここのレビュー見てても直射は論外だけどバウンスさせれば凄く良い感じに撮れてる
リングストロボとかもあるけど、のっぺりするので個人的にあまり好きじゃない

キャノンのフルサイズは基本的に内蔵ストロボが無いらしく、当然自分のEOS 6Dにも内蔵ストロボは無い
今まで内蔵ストロボで直射だと扱いが難しいのでストロボ使うの避けてたけど、バウンスさせることが出来ればかなり便利に使えそうな気はする
内蔵が無いんだし、価格も安いので買ってみてもいいかな? とも思うけど、正直ワンフェス以外でストロボを必要と感じたことがほぼ無い…
飯屋で食べ物撮るときはいつも暗いなぁ。と思うけど、一眼で写真撮るだけでも目立つのにさらにストロボ使う勇気は無い

手ぶれ補正の無い単焦点とか使ってても、あまり手ぶれで悩んだことが無いんだけど手ぶれについて調べてみた
1/焦点距離が一般的な限界シャッター速度(35mmフルサイズ機の場合)
20mmだと1/20秒、100mmだと1/100秒、これ以下のシャッター速度はブレやすくなる

EF24-105mm/F4Lは3段分の手ぶれ補正なので
100mmの場合、1/100秒→1/50秒→1/25秒→1/12.5秒
手ぶれ補正無しだと100mmの場合1/100秒だけど、手ぶれ補正オンにすると1/12.5秒まで大丈夫になる

単焦点100mm/F2が欲しいと思ってたけど、結構手ぶれで悩むことになる…? と思ってテストしてみた
24-105mm/F4Lで手ぶれ補正切ってテレ端で構えてみた
F4…余裕。F8…余裕。F11…ぜんぜん余裕なんだけど…? F22…問題なし
あれ? 絞り込んでも案外大丈夫そう
普段はISO6400を上限にしてるので、高感度に助けられてシャッタースピードが低下してなくて案外大丈夫っぽい

ワンフェスの写真はほとんどがテレ端だけど、シャッター速度は1/100~1/125が多かった
ISOは上限6400設定だけど、一番高くてもISO4000程度だった
ただISO3200辺りからノイズが多少気になるので、ISO1600~3200に抑えたい
手ぶれ補正効いてるのでシャッター速度的には余裕がある、東京駅の手持ち夜景ですらシャッター速度的に問題なく手ぶれしてなかったもんなぁ
EOS 6Dは高感度強いおかげで手ぶれで悩むことは基本的に無さそう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)