31 2010/08

北海道ツーリング2010 後編

6日目

238号を走ってトンネル入らず道それた所にある神威岬

神威岬の近くにあるエサヌカ線へ
見事な一直線道路、道路が青い靄の中へ消えてて神秘的、両脇はWindowsの壁紙みたいな草原
北海道ツーリングの中で一番のお気に入り一直線道路

そのまま北上して宗谷岬へ、手前のスタンドで給油して最北端証明書げっと

宗谷岬は観光客多くてなかなか写真撮れなかったけど隙を見て撮影
お昼の時点で気温が21℃、雲一つ無い快晴

ノシャップ岬、大したものは無かった

オロロン向かう途中にあった神社?と大きな岩

オロロンラインを南下していくと道沿いに風車が並んでいる、風車の数は28機
海沿いのキャンプ場でキャンプ泊

7日目
朝一でなよろひまわり畑を目指し走る、走ってて霧が出てきたかと思ったら完全に曇り空に

太陽出て無くてひまわりしょんぼり下向いてる、ここにあるひまわりは小さくて思ってたひまわりとはなんか違う
天気良ければかなり良い光景だったんだろうなぁ残念すぎる

この日は富良野の友人M宅にまた泊まることになったので南下する

青い池、青いというよりもバスクリンみたいな色してる……
神の子池が綺麗すぎて、こっちはあまり感動がない

白髭の滝へ、この辺りはトンボが多くて走っててトンボが当たって痛い

友人Mの仕事帰りまで時間があったので旭山動物園へ

ペンギン可愛い、数種類いてオレンジ色が入ってるのが大きいキングペンギン、小さいのはフンボルトペンギン、頭がツンツンしてるのがイワトビペンギン

虎、ヒョウ、黒ヒョウ、オオカミ

シカ、カピバラ、キリン、猿、シロクマ
友人M宅にて宿泊

8日目
友人Mに再度別れを告げ札幌へ

電波塔を見てから時計台へ、『がっかり時計台』とか言われてるみたいだけど案外悪くなかった
建物は悪くないんだけど、周りがビルばかりでそこはいまいち

高速乗って南下してたら事故で通行止めで一時下道へ、ウトナイ湖脇にある道の駅で昼飯

再度高速に乗って倶多楽湖へ

そしてのぼりべつクマ牧場へ、入園料が2520円とめちゃ高い、ちなみに旭山動物園の入園料は800円

ロープウェイで山頂まで移動する

小熊はみんな寝てた、展示物やアイヌ関連の物を見たり

最初に見たのはオス熊、去年も別の熊牧場行ったけどどこも媚び媚びなのは変わらないんだなぁ

アヒルレースが開催、一着の色を当てると記念品が貰えるとのことでバイクの色の赤を指名


メス熊のところへ、こちらも媚び媚び。二本足で立って飛び跳ねるのまでいた

クマ牧場の駐車場に駐まってたバイク、えらい荷物詰んでて同じツーリングライダーだ。と思ったら韓国ナンバー
おいおい韓国ナンバーとか初めて見たよ、モザイクの部分には数字4桁

苫小牧へ移動して夕方にフェリーに乗る

9日目
14時に大洗に到着、高速走りながら友人Pと別れ、混んでる首都高を抜け東名走って自宅に17時40分着
うちからだと大洗からフェリー乗るよりも新潟から乗った方が楽なのかもしれない……

そんなこんなで北海道ツーリング終了、北海道はどこ走っていても気持ち良い、北海道に夏の間だけ移住したくなる

駐車場の砂利が深くて前輪がズルっといってバイク一回倒してクラッチレバーちょっと曲がった、神の子池へ行く砂利道も怖かったなぁ

北海道では対向車線のバイクとすれ違うときにお互い手を振ったりピースサインしたりして挨拶するんだけど

関東に戻ってきて手を振ることは無かったけど、対向のバイクにどうしても目がいくw
以前はこんなことなかったのになぁ

写真はデジイチ、コンデジ合わせて1800枚前後、結構撮ったなぁ
16GBじゃないと足りなかった危ない。バッテリーは持ちが良くて途中充電したものの予備バッテリー使うことは無かった

トータル走行距離は約2500キロ
9日間だとあんまり余裕が無いので2週間とかで一週するといいのかねぇ


北海道ツーリング2010 後編” への2件のコメント

  1. 初期の北海道ツーリングは、熊牧場なんかに行ってたんですね。
    まあ、ここも「熊嵐」とか三毛別羆事件復元現地とかを見たり聞いたりすると、恐怖の対象、というか北海道自体が怖くなっちゃいますけど・・・。

    • 今年は行かなかったけど、北海道へ行ったらほぼ毎回熊牧場行ってます
      熊牧場って関東には無いんですよね、なので北海道にはいくつかあって行きやすいので行ってますね
      熊の餌おねだりポーズ好きなのでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)